就職試験(面接対策) | 転職マニュアル



総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

貿易に関する書面(インボイス)

就職転職 面接対策 貿易用語
貿易に関する書面(インボイス)

皆さんは何か物を購入した際に、領収書をもらいますよね。また、何か仕入れたときに納品書というものが商品と一緒に入ってきます。
何かを購入、仕入れたときには必ず書面でその旨の証明が記載され、形に残るようになっていますよね。
貿易の中でもこういった書面はあります。インボイスという用語になりますが、聞いたことがある方は結構いると思います。海外からの個人輸入をした際にインボイスという用語で明細が送られてきたりする場合があるからです。
貿易用語として存在するインボイスという用語はどういう意味なのか紹介したいと思います。
送り状と言われていることが一般的なようですが、売り手が書いてに対して、商品売買の際に送る明細書のことのようです。記載してある内容としては価格や商品名、個数、出荷した地域などの細かい情報が記載されているようです。
実際に見たことのある方はインボイスがどのようなものかわかるかもしれませんが、見たことのない方は商用の明細書ということで、細かく取引商品などの情報が記載されたものだと思ったほうがよいかもしれません。飼い主にとってはインボイスというのは輸入仕切書としても意味があるので、何か争いがあった際には有効な書面になるということのようです。単なる納品書のような簡易的なものではなく、きちんと証拠物件として有効である書面だということですね。
なにかあったときのために大切に保管しておく必要があるのですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 海外旅行の長期の保険春旅行 海外旅行前と後の注意春旅行 海外旅行の感染症予防


posted by 就職転職 面接対策 記録の細道 at 12:08 | Comment(0) | 輸入・貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


<NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。