就職試験(面接対策) | 転職マニュアル



総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

職務履歴書の書き方

一発就職間違いなし 面接対策エトセトラ
職務履歴書の書き方

まずは、簡潔に見やすくまとめて採用担当者が読みやすい職務履歴書を作ることが大事です。
数枚に渡り細かく書きすぎてしまうと、読む気すら起こらないからです。
1?2枚程度にまとめましょう。
職務履歴書は手書きよりパソコンでの作成が一般的です。
A4サイズの横書きがいいでしょう。

前職の会社名、できれば会社所在地や資本金、従業員数なども記入するとわかりやすいでしょう。
さらに職務内容、仕事の成果、スキルなどを簡潔にまとめて箇条書きで書きましょう。
仕事の成果は結果だけではなく、そのプロセスも書くといいでしょう。
自分が努力してきた自己啓発に関してもきちんと書きましょう。
履歴書の最後には、「以上」と記入しましょう。

自己PRも忘れずに。
今までの「経験やスキルを活かしてこの仕事をがんばりたい。」
というように試験を受けている企業の業務内容と照らし合わせて必要な人材だと思わせるような書き方をしましょう。
まったく関係のないスキルをアピールしてもプラスにはなりません。
資格の場合は、どうしてその資格をとろうと思ったのかもあわせて記入するといいでしょう。
企業へのアピールポイントは、その企業の求める人材像を求人広告や企業ホームページなどで調べてみましょう。
それに対しての自分のアピールするポイントを決め、求められる人材像をうまく魅せなければなりません。
ということで、企業に対し職務履歴書は使いまわすことはできません。
各企業対策として、それぞれの企業にあわせたものを作成しましょう。

参考リンク⇒仕事探し。JOBマップで採用アップを応援!いい仕事見つけよう!

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 就職転職 面接対策 記録の細道 at 13:45 | Comment(0) | 転職マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


<NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。