就職試験(面接対策) | 転職マニュアル



総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、2006年の介護保険改正によってできました。
基本的に各中学校区に1つ置かれますが、その配置数は自治体によって違いがあります。
地域包括支援センターは、高齢者が住みなれた地域で安心して生活を継続できるように、介護予防の取り組みを行い、介護が必要となっても必要なサービスを提供できる体制を作るための中心的な機関です。
また、どのようなサービスがあるかを知ってもらう総合窓口の役割もあります。
主な業務は下記の通りです。

・介護予防ケアマネジメント
要支援1・2と認定された人や、今後介護が必要となるおそれのある人を対象とするサービスを適切に提供するためのケアプランを作成・見直しを行います。

・総合相談支援
高齢者やその家族、地域住民からの様々な相談業務や、高齢者宅への訪問などを行い、必要な支援を把握し、提供していきます。

・権利擁護支援
成年後見制度活用の支援や、高齢者虐待や悪質商法の被害防止などに努めます。

・ケア体制の確立
高齢者に必要なサービスを提供するため、ケアマネージャーへの助言・指導、医療機関などとの連携を取るための調整を行います。

・地域見守り推進
地域の民生委員や自治会と連携し、地域全体で高齢者を見守る体制作りや介護予防の推進を行います。

地域包括支援センターでは、社会福祉士や主任介護支援専門員、保健師や看護師などの職員が連携して、地域での高齢者の生活を支えていきます。
介護資格取得は地域包括支援センターで働くための資格となります。介護資格取得は、これからの介護を支えるための一歩なのです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 就職転職 面接対策 記録の細道 at 12:02 | Comment(0) | 介護資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


<NEWインターネット上の共通ポイントプログラム⇒ネットマイル
無料会員登録はこちらから


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。